講師として指導する立場にもなりました

▼講師陣よりコメント

アロマをやりたくて介護福祉士免許を取得。介護現場での知識活躍を生かしながら次のステップへ

 

なにをお願いしてもいつも笑顔でやり遂げる方ですね。アロマが大好きである、しかしボランティアというよりは仕事としてしっかり向き合っていきたいという、フンワリした可愛らしいが外見にも関わらずしっかりした芯をお持ちです。

優秀だったため、卒業後は、当スクール内での講師もお願いしてますし、外部講習もお願いしてます。

大阪府の老人大学でのアロマ講座や保険組合系のアロマ講座、カルチャースクールでの講師もお願いしてました。どこにいっても人気です。

大勢の前でも少人数の前でもお話ができる、そして介護のアロマもしっかりお話できるという素晴らしいアロマセラピストです。本格的に自分自身でアロマの仕事を始めるとの事。営業していきなり仕事をとってくるあたりはさすがです。思い切りがよいですね。そこには隠された努力があるのでしょう。臨機応変に責任感をもって何でもできる方なので独立されても立派に目標に向かって進んでいく方であると思います。お手伝い出来ることがあれば良いのですがいまのところ用無しかも(笑)

営業する、仕事にするにはいろいろな情報が必要。アロマを紹介するにはアロマだけでなく、周辺知識や実績が必要です。是非これからもいまの素敵なまま頑張っていって欲しいです。


 

1. アロマを習おう、仕事にをしようと思った動機・理由

10年くらい前癌闘病の母の身体介助すらわからず人の身体に触れることに慣れていなくて、どうしていいかわからない時趣味で作ったラベンダーの精油入りの蜜蝋クリームを背中に塗ってあげると痛みが和らいだと言ってもらえたことがアロマの勉強と介護の勉強をするきっかけになりました。緩和ケアや介護に少しでも華やかな空気をもたらすことができるアロマの魅力に惹かれました。


 

2. 現在の仕事や活動についてどのような事をしていますか?

アロマの資格だけでは足りない気がして介護施設で働き、介護福祉士や認知症ケア専門士の資格を取得しました。実務経験が必要な資格ですので時間がかかりましたがリハビリや介護現場で必要な医療知識を学ぶことができました。

ただ、資格を取ったからはい、辞めます!では無責任ですし人手不足で辞められず…期限を決めて介護施設でのパートを続けています。

そのため、今は休みの日にアグライアからいただく仕事でアロマ基礎講座の講師や外部カルチャースクールの講師をしたりしています。


 

3. 実際に仕事についてみて大変なこと、楽しいことなど

介護とアロマを組み合わせた講座を担当し始めた頃はアロマと介護の組み合わせを伝えるのが大変でした。

若い年齢の担当者にもアロマは若い女性がおしゃれでするもの、という概念がありました。

 最近はかなり介護アロマが普及してきたと感じます。介護予防と言う言葉すらそんな言葉あるんですか?と言われたこともありました。 

講座を担当すると生徒さんから受ける質問に対応して自分の勉強にもなります。

 


 

4. これからのご自身の問題点、解決したいこと

まだまだ目標としてる仕事ができていません。仲間がどんどん進んでいき焦りもありますが良い勉強期間中でもあります。介護施設での介護福祉士の仕事は一日中小走りしてクタクタで休みの日に休んでしまってます。 

人手不足の介護現場ですが知ってるからこそ利用者や職員へのアロマ導入したいー!と強く思いまた逆にアロマをする余裕がないことを知ってるから営業に尻込みしてしまいます。本格的に始動する時が楽しみであり勇気も必要です。 


 

5. これからの目標、やりたいこと 

無償ボランティアではなくきちんと仕事として成り立たせたいです。訪問アロマや介護予防認知症予防の選択肢のひとつにアロマテラピーを普及させたいです。できる限り自宅で過ごしたいと希望しデイサービスやデイケアを利用しながら生活している方も多く、自宅訪問してアロマケアをしたり家族介護者への講座など地域密着で活動していきたいです。